外壁の塗装にかかる費用、適正価格は? | マイホーム節約術~外壁塗装の節約法など

外壁の塗装にかかる費用、適正価格は?

外壁塗装 節約術

スポンサーリンク



 

外壁塗装を実際に着手しようとしたときに、最初に頭に浮かんだのが「費用」の件です。

外壁塗装にかかる費用はいくら? どのくらいの費用がかかるの?

・・・結構悩みました!

ただ、実際に業者の社長と話をしてみると、

外壁塗装の価格は、家の大きさや劣化の進行具合、

さらには選ぶ塗料等によっても大きく異なるということが分かりました。
従って、一概にいくらが適正価格とは言えないということが正解でした。

見積もりの総額だけを見ていては、適正価格かどうか判断できません。

ただ、「何にいくらかかるのか」を細かく確認しながら、しつこくチェックしていくと、

ある程度、「適正価格」かどうか判断できるということが分かって来ました。

とはいえ、やはり外壁塗装にはだいたいどれくらいの費用がかかるのかという相場感がないと、

適正価格の判断は難しいです。

相場感があれば、提示された見積もりが適正価格かどうかは判断できなくても、

相場からどれくらい、かけ離れているかどうか判断出来ます。

そこで、外壁塗装の価格の相場についてヒヤリングしました。

外壁塗装の相場

80万円~150万円(一般的な2階建て住宅/塗装面積200㎡、屋根塗装なしの場合
屋根塗装を追加した場合80万円~200万円と言われています。

また、外壁塗装の価格の体系は、以下の4つのポイントが主要な項目です。

見積もりの妥当性を判断するには、それぞれの項目の相場を知ることがポイントと言えそうです。

外壁塗装の主な価格の項目は、
*「塗料代」
*「足場代」
*「施工費(人件費)」 の3つの要素、プラス
*業者の利益
で構成されていました。

また、上記の内訳の比率は概ね以下の様です。

塗料代が約20%、足場代が約20%、施工費(人件費)が約30%、利益が約30%です。

普通、「塗装の塗り替え」というので、てっきり「塗装代」のウエイトが一番大きいものと思っていたのですが、以外にも、「人件費」「利益」のウエイトが過半を占めているようです。

従って、外壁塗装の見積もり価格が妥当かどうかを判断したい場合は、次のように考えることができます。

外壁塗装の見積もり価格が妥当かどうかを判断したい場合は、

「塗料代」「足場代」「工事費(人件費)」に分けて、複数の会社で比較する必要があります。

ただ、1社毎に電話するのは大変です。

私は、下記、業者に依頼し、一括比較情報を簡単に取得することができました。

その上で、気になる見積もり提示会社に電話して確認すると、複数の会社の価格差の理由が分かり、

適正価格判断が大変スムーズに出来ました。

私のお薦めの会社は下記です。

タイトルとURLをコピーしました